涙の組成に着目し、目に負担を掛けないクレンジング料。
ホーム 〉 目もとの知識一覧

会社概要 | FAQ | コンタクト | プライバシーポリシー | ショッピングショッピング | 取扱いクリニック
(C)MediProduct All rights reserved.

まつ毛を洗う新習慣
ホーム | アイシャンプー | アイシャンプーロング | ショッピング | メディア
目もとの洗い方 | まつ毛ダニ | ドクター&スタディ | 目もとの知識 | 誕生ストーリー | ドクターインタビュー
スペーサー  




マイボーム腺とは
スペーサー   スペーサー
ものもらいの予防法
 

1度なってしまうと、中々治らない「ものもらい」

「ものもらい」が出来る前に「ならない」ようなケアが大切です。


<ものもらいの予防法>

①ホットタオルなどで目もとを温める

 特に脂肪が詰まってできる「霰粒腫」に対して効果的な方法です。

 目もとを温めることで詰まっていた脂肪が溶けて流れるため、詰まりが解消されます。

 また、脂肪が詰まる場所の多くはマイボーム腺という脂腺で、マイボーム腺の詰まりが解消されるとドライアイの症状も改善します。

 ただし、脂肪が溶けるまで5分ほど温め続ける必要があります。

 入浴中にケアするとタオルの温度も下がりにくく効果的です。


②目もと洗い(リッドハイジーン)

 目もとを洗うことで、脂肪の詰まりや汚れをきれいにして目もとを清潔にします。

 霰粒腫、麦粒腫ともに予防効果があると考えられます。

 目もとが不衛生な状況にあるほど、脂肪が詰まりやすく、菌が繁殖しやすい環境になってしまっています。

 普段から目もとを清潔に保つことで、ものもらいを予防できます。

 特に女性でアイメイクを常用する人は、目もとが不衛生になっていることが多いので、毎日のケアを大切にしてください。

 
マイボーム腺とは




記事一覧にもどる




まつ毛と目もとの健康を考えたアイケア・クレンジング
ショッピング





 
まつ毛を洗う新習慣
ホーム | アイシャンプー | アイシャンプーロング | ショッピング | メディア

目もとの洗い方 | まつ毛ダニ | ドクター&スタディ | 目もとの知識 | 誕生ストーリー | ドクターインタビュー
特定商取引法 | 会社概要 | FAQ | コンタクト | 取扱いクリニック



(C)MediProduct All rights reserved.