涙の組成に着目し、目に負担を掛けないクレンジング料。
ホーム 〉 目もとの知識一覧

会社概要 | FAQ | コンタクト | プライバシーポリシー | ショッピングショッピング | 取扱いクリニック
(C)MediProduct All rights reserved.

まつ毛を洗う新習慣
ホーム | アイシャンプー | アイシャンプーロング | ショッピング | メディア
目もとの洗い方 | まつ毛ダニ | ドクター&スタディ | 目もとの知識 | 誕生ストーリー | ドクターインタビュー
スペーサー  




マイボーム腺とは
スペーサー   スペーサー
ドライアイ
 

ドライアイとは、涙の乾きや涙の異常により、目の表面の健康が損なわれる病気です。

ドライアイの症状は、目の乾燥感だけではなく、異物感や目の痛み、慢性的な不快感などの症状があらわれます。

疲れ目もドライアイが原因で起こることもあり、最近目が疲れやすいと感じる方はドライアイを疑ってみても良いかも知れません。


ドライアイになりやすい要因はいくつかありますが、長時間のPC・スマートフォンなどの使用や、コンタクトレンズの装用、アレルギー、マイボーム腺の不衛生などがあげられます。

マイボーム腺の不衛生は、アイメイクやまつ毛エクステンションを常用している方に多いようです。


ドライアイは、大きく分けると2つに分類されます。

1つは涙の量が減ってしまうもの、もう1つは涙の質が低下するものです。


目もとの汚れは、涙の質が低下するドライアイに影響があると言われています。

「涙の質が低下する」とは、水分は出ていても水分以外の涙の成分である脂質成分や、ムチンと呼ばれるタンパク質成分の分泌が減少し、涙が目の表面に留まらない、すぐに乾いてしまうという状態になることです。

涙の質が低下して起こるドライアイの症状で「BUT短縮形ドライアイ」と呼ばれるものがあります。

これは涙は分泌されているものの目の表面で涙の膜が安定せず、短時間(5秒以内)に涙が乾いてしまう状態のことをいいます。

最近ではパソコンなどの作業が多いオフィスワーカーやコンタクトレンズを使用している方を中心に、このタイプのドライアイが増えていることが報告されています。





 
マイボーム腺とは




記事一覧にもどる




まつ毛と目もとの健康を考えたアイケア・クレンジング
ショッピング





 
まつ毛を洗う新習慣
ホーム | アイシャンプー | アイシャンプーロング | ショッピング | メディア

目もとの洗い方 | まつ毛ダニ | ドクター&スタディ | 目もとの知識 | 誕生ストーリー | ドクターインタビュー
特定商取引法 | 会社概要 | FAQ | コンタクト | 取扱いクリニック



(C)MediProduct All rights reserved.