涙の組成に着目し、目に負担を掛けないクレンジング料。
ホーム 〉 Doctor Interview

会社概要 | FAQ | コンタクト | プライバシーポリシー | ショッピングショッピング | 取扱いクリニック
(C)MediProduct All rights reserved.

まつ毛を洗う新習慣
ホーム | アイシャンプー | アイシャンプーロング | ショッピング | メディア
目もとの洗い方 | まつ毛ダニ | ドクター&スタディ | 目もとの知識 | 誕生ストーリー | ドクターインタビュー
スペーサー  


Doctor Interview

スペーサー Dr
スペーサー クイーンズアイクリニック
荒井 宏幸 先生
スペーサー


――アイシャンプーは眼科でどのように使われていますか?

アイメイクをしっかりされている方だと、ご自身ではあまり気づかれていないのですが、メイクが目の中に入ってしまって、涙がラメの海になってしまっている人がたくさんいます。まばたきのたびに、目の表面にラメが広がってしまうのです。充血していたり、結膜炎を起こしていたりして、化粧品に含まれる化学物質でアレルギーを起こしているように思われる人がたくさんいます。この状態が慢性化すると、充血がとれなくなってしまい、白目が白くなくなってしまいます。そんな方におすすめしています。